YouTube 360° CG動画の作り方【3D作成から効果音追加までの流れ】

3D CG

自作の3D CGを、YouTubeに「360°全方位動画」としてアップロードする手順を紹介します。

動作デモ

▼ デモです。再生後、マウスか指でグリグリすれば全方位を見られます。

緑色の物体は洗濯機のつもりです。

360°動画 – 無人のコインランドリー-An empty laundromat

使うソフト

今回は、以下のソフトを使いました。

後処理のためプレミアプロを使いましたが、Blenderだけでも360°動画のアップロードは可能です。

作業目的名称
3Dモデル作成Blender 2.81
映像編集(効果音追加や映像長さ編集など後処理)Adobe Premiere Pro

3D CGを用意する

この工程では、3Dモデルの作成からレンダリングまでを行います。

使用ソフト:Blender 2.81

モデリング

とりあえずどんどん形を描いていきます。

室内

Blenderで360°動画のため、モデリング中

外側

アニメーションの設定

少しは動く部分も入れたかったので、タオルを回すことにしました。

本当は洗濯機のドアをパカパカ開閉したりしたかったのですが、断念。
ここで凝ってしまってアニメーションが複雑になりフレーム数が嵩むと、動画の出力に時間がかかってしまいます。

下側のタイムライン上にキーフレームを作ります。

対象を選択して、Iキーを押すと制御項目のメニューが出てきます。今回はタオルをただ回転させたいので「回転」を選択しました。

Blender2.81、回転アニメーションを追加

仕上がりデモ

背景の設定

HDRIを使って、背景に設定しておきます。

HDRIはHigh Dynamic Range Imageの略で、CG作成時に使うと背景写真としてだけではなく、照明としても活用できます。

▼ 今回は、こちらの有名サイトを利用させて頂きました。高品質のHDRIを無料かつ、ライセンスはCC0という有難いサイトです。

▲ ワールドプロパティの「カラー」を「環境テクスチャ」に設定して、ダウンロードしたHDRI画像を選択する。
背景ができた

レンダープロパティ

レンダープロパティタブ内で、レンダーエンジン「Cycles」を選択します。

出力プロパティ

出力プロパティ内で、最低限以下の設定をします。

  • 解像度…アスペクト比 2:1推奨(YouTubeヘルプ-ステップ1より
  • 開始、終了フレーム数を入力。(今回は20フレームだけ出力します)
  • 「立体視」にチェックを入れる
  • ファイルの出力先を指定する
  • ファイルフォーマットを「FFmpeg動画」に指定
  • エンコーディングを「MPEG-4」に指定

▼設定画面の様子。ちなみに、解像度は間違えていつもの16:9(1920×1080)のままにしてしまいました。

カメラの設定

次に、肝心要のカメラ設定を進めます。設定値について詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧下さい。

参考サイト

▼ 操作手順だけでなく、設定値の考え方まで詳しく解説されたチュートリアル記事です。スクリーンショットはBlenderの2.7以前だと思われますが、2.8でも入力項目は存在します。

How to Create VR Video in Blender
Making 360° 3D video for fun and profit, with free software!

▼カメラ設定値周りの、公式ドキュメントです。

さて、今回はコインランドリーの部屋の真ん中に、カメラを設置しました。

部屋の中央にカメラがあります。

そのカメラを選択し、カメラのプロパティを以下の設定にします。

  • レンズタイプ:パノラマ状
  • パノラマタイプ:正距円筒図
  • 立体視モード:軸外

動画を出力します

これで、いよいよ出力します。「レンダー」から「アニメーションレンダリング」を選択すると実行されます。

Blender2.81で360°動画を出力開始

20フレームで、15~20分程度かかりました。

レンダリング中

(補足)Blenderの出力ファイルを直接アップする場合

今回はこの後動画編集ソフトで仕上げを行いますが、Blenderで出力が完了したこの段階でもYoutubeに公開が可能です。

ただし、YouTubeが指定するメタデータを追加する必要があります。

ツールで簡単に行うことが可能です。以下が、そのリンクです。

▼公式ヘルプのステップ2をご覧ください。

仕上げの編集(効果音の追加など)

ここからは、動画編集ソフトを使って仕上げの処理を行っていきます。

使用ソフト:Adobe Premiere Pro

今回は、以下の処理を行います。

  • 正面位置の調整
  • 効果音の追加
  • フェードアウト

参考サイト

Adobe Premiere Pro には、VRビデオの編集機能が備わっています。

以下の公式サイトのチュートリアルを見ながら、編集を進めました。

動画長さのカサ増し

レンダリング時間の節約のため、20フレーム分しか出力していません。

これでは一瞬で終わってしまうので、1分半程度にカサ増ししました。
※クリップをコピペして繋げただけです。

正面を決める

正面位置( 動画の再生直後に表示される場所 )を変えようと思います。

ショボイですが動いてる部分(洗濯機の中のタオル)を見せたかったので、位置をずらしました。

全体に調整レイヤーを配置し、「VR回転(球)」というエフェクトの「パン(X軸)」の値を変更しました。

Adobe Premiere Proで360°動画正面位置の編集

効果音の追加など

雰囲気を出したいので、効果音を追加します。

マシンっぽい環境音は、Youtubeの公式ライブラリーの効果音素材を利用しました。

あとは映像の最後にフェードアウト効果を入れておきました。
※カラーマットをかぶせて、透明度を調整

最終的に書き出し

これで、やっと書き出せます。

以下の設定をしておきます。

  • ソースのスケーリング:出力サイズ全体にストレッチ
  • ビデオ:「VRビデオとして処理」にチェックを入れる。
  • フレームレイアウト:立体視-上/下。
Adobe Premiere Proで360°動画を出力する

完成です!

YouTubeにアップロード

あとは、通常通りYouTubeにアップロードするだけです。

▼出来上がり

360°動画 – 無人のコインランドリー-An empty laundromat

コメント

タイトルとURLをコピーしました